K.D.MECHANICAL-DESIGNはよりよいライフスタイルのパーソナルパートナー
機械設計、デザイン、設備メンテナンス、船舶機器、フィルム施工のプロフェッショナル

Never fail

失敗しないフィルム選び

失敗しないフィルム選び

窓ガラスフィルムはそれぞれの用途に応じて、様々な種類があります。
お客さまに一番適したフィルムを選ぶには、まず光学特性をチェックしましょう。
日射透過率、遮断係数など専門用語がいっぱい出てきて、何を言っているのがよく分からない方は、メールやお電話でお問合せください。技術スタッフが親切にご説明いたします。
 
*フィルムの光学特性資料ご希望の方はお問合せください。

 項         目 摘                                                 要
日射(*)  透過率(%)           ガラスに透過する日射の割合
吸収率(%) ガラスに吸収される日射の割合
※この値が高いほど、熱割れの危険性が高くなります。 
反射率(%) ガラスに反射する日射の割合
可視光線 吸収率(%) 透過率(%)  ガラスに透過する可視光線の割合
※明るさの指標です。この値が高いほど暗さを感じません。
吸収率(%)
ガラスに吸収される可視光線の割合
反射率(%) ガラスに反射する可視光線の割合
※この値が高い程、映りこみ度が高くなります。
遮断係数 厚さ3mmの透明な板ガラスが透過する太陽エネルギーの
割合を1.00とした場合、フィルムを貼付けした3mm
の板ガラスを透過する太陽エネルギーの割合(相対値)
※この値が低いほど、熱の流入量が低くなり、省エネ
効果が
高くなります。
紫外線透過率 ガラスを透過する紫外線の割合
※窓ガラスフィルムのほとんどが99%の紫外線を
カットします。
総太陽エネルギーカット率 ガラスが太陽エネルギーを遮った全ての割合(ガラスに
反射して外へ逃げたエネルギーと、一旦ガラスに
吸収され外側へ再放射されたエネルギーの割合を足した値)
(*)太陽光線に含まれる熱エネルギー、
「紫外線」「可視光線
(人が視覚的に認識できる波長領域)」
「近赤外線
(人が熱として感じる波長領域)」
全てを含みます。

用語説明

【遮蔽係数】
3mm厚透明ガラスの日射熱取得率(0.88)を1とし、ガラスにフィルム貼付した場合の日射熱取得率の割合を表します。値が低いほど遮蔽効果が高く、冷房負荷の低減に効果があります。
【日射熱取得率】
ガラスに入射する日射を1とした場合、室内に流入する熱量(透過と室内側再放射の和)の割合を示す数値です。
【透過率・反射率・吸収率】
UV(紫外線)や明るさ(可視光線)、暑さ(日射)の度合いを表しています。・日射反射率の大きい製品は熱線反射タイプ、日射吸収率の大きい製品は熱線吸収タイプとなります。・可視光線透過率は室内に入る明るさの指標になり、50%以上であれば暗くなった感じはありません。・可視光線反射率は屋外外観の目安になり、高いほどミラー感が高まります。・紫外線透過率が低いほどUVカット効果は高く、褪色を抑制します。
【熱貫流率】
室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを見る指標です。温度差が1℃ある時、面積1m2あたり1時間に抜けていく熱量を表しています。値が低いほど断熱効果が高く、暖房熱が逃げるのを防ぐ効果があります。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
LinkIcon